ページ

2013/09/13

抽象画を描く。:油絵。

今日は先日作った板キャンバスに油絵を描きました。

板キャンバスには作ったその日に下地塗りをしていたので、もともと淡く色が入っている状態からのスタートです。


今回は特に紙もの製作でも、キャンバス張りでも、DYIでもないので、メイキング写真の連続になりますが、良ければ最後まで見てやってください。

この絵のイメージは寝てる人がいて、その人のお腹が草原になっていて床のほうまで下りていくと、その先に炭酸サイダーの湖が広がっています。

湖の底の方では「パチパチ」と音を立てて空気がはじけています。

もっと下のほうに、炭酸の湖をもぐっていくと砂利があって、「草原とつながっているのか・・・」とそこに住んでいる小人さんは実感した。

というものです。 なんだかとってもファンタジー!


完成品はこちら↓です。

といっても、まだ乾いていないのでなんとも言い難いですが、このままの色でいけば完成です。


というのも、私は油絵を描く時に水彩っぽく描いてしまうので、その分乾くと油が飛んで、色が薄くなってしまうのです。

なので、しばらく放置して様子を見ながらまた描きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿