ページ

2015/12/28

お花を摘むブローチ。

年賀状に追われて、なかなかブローチに手をつけられませんでしたが、それも落ち着いたので、昨日は新しい形のものを作ってみました。

お花を摘む手と、プレゼントのブローチ。 どちらも好きなモチーフです♡


昨日は、『闇のバイブル 聖少女の詩』という映画を見ながらブローチを作りました。

チェコの古い映画のようで、レンタルでたまたま見つけたのですが、とても良い作品でした。

物語の内容は、難しくてよく分からないところも多々ありましたが、作品の世界観、美術さんのお仕事、撮影のロケーションが素晴らしいです…! 建物、お洋服、少女のしぐさ、出てくるアクセサリーや木の実、全て私の大好きな世界観でした♡

出てくる女の子たち、みんな可憐で、劇中はずっとキュンキュンしておりました〜✦ それに、物事の表現の仕方が、とても抽象的…というか、比喩のような映像で、まるで純文学を見ているようでした。

現在はDVDを買ってずっとお部屋に流しておきたいと思うほどです。

テーマは「少女から女性になるまで」かな?と思うのですが、この類の映像作品は大好きなので、そこも、とても好みでした♩

少女の成長過程を表現した作品だと、デビッド・ボウイが出ている「ラビリンス」も好きです。

あれは、まだ未発達の技術と、アナログの職人さんたちの素晴らしいところ(お人形がたくさん出てきます)が融合されていて、雰囲気は違いますが、とても勉強になる作品です。

今は、美しい映像はCGがほとんどですが、本物の素敵なロケーションで撮られた映像には、別の素晴らしさがあることを感じました。

私も、作中の秘密の真珠のような、女の子にとって、特別なアクセサリーを作っていきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿