ページ

2016/06/18

個展の物語。ワンピースの妖精たち。

こんにちは、maidemです。

時間に余裕がなくなると、ブログが疎かになってしまいますね(~_~;)

伝えなきゃいけないこととか、伝えたいこととか、山ほどあるのに気がつくと朝になっていたりします。

SNSも含め、個展までの10日間、少しずつでもお伝えできたらと思います!


いろいろと、入稿等が終わり、先日からやっと絵に集中しています。


今回の個展の構想は、約1年前に描いた、この絵↓が始まりです。


みつあみのカーテンで隠された森。

そこには、ワンピースの妖精がいて、楽しいことがあると踊りだし、光の玉を空に浮かべる。

電気もない、太陽もないその森では、妖精たちが浮かべる、その光だけが明かりなのです。

個展では、展示で、この物語を表現することが目標です。

お越しいただく皆さんが、私の憧れる、この森へ、迷い込んでいただけますように。


ワンピースの妖精たちは、どの個体も自由奔放です。

遊んだり、踊ったり、手をとって、輪を作ったり。


個体同士を気にせず、赴くままに過ごす彼女たち。

彼女たちを、憧れと敬意を持ちつつ、描きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿